SU/CAR-ST-APplication-cells

自己流株シストレ真面目で時におバカな独り言ブログ

ぴけやねんの「俺ひまやねん」
ぴけやねん

ス・パ・カー・エス・ティー説明してね
楽しいシストレ、ス・パ・カー・エス・ティー
Sort Uniq (perl) C Awk R Selenium Tcl/Tk
Stock Trading APplication cells
ローマは一日にしてならず R,C

iTRADEも始めました
iTRADE 奮闘記

iTRADE無料でスタートできます(しばらくお待ちください)
iTRADEはリレーションワークからシナジスタに譲渡されました
現在シナジスタからの連絡待ち中です

53歳限界プログラマの憂鬱
安倍野ミックス

にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ

来訪ありがとうございます
←クリックいただくと励みになります→
2017/5/2 サラリーマン投資家へ登録しました

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

トレードと量子力学

f:id:sucar:20151115183011p:plain

以下、理系くずれの独り言なので気にしないでください

  • 確率でしか把握できない
  • 観測(トレード)するまで確定しない

という点でトレードは量子力学に似ているような気がする

銘柄Aの価格は? と聞かれて、ある時点の価格はきちんと存在するけどそれはその時点でトレード(謂わば観測)された値

トレード前の価格は確率でしか記述できない

トレードが量子力学に似てるなら揺らぎとポテンシャルで考えたらうまくいくような気がする

株価が企業の業績だけで決まり完全に安定しているなら株価は決算などの材料が出ない限り一定であるはずだが、実際は常に揺らぎが存在する

しかし、完全に自由ではなく、ポテンシャルに制限を受ける

あるパラメタの分布のヒストグラムを連続にして確率密度関数にして、更にひっくり返すw

f:id:sucar:20151210202045p:plain

これをポテンシャルに見立ててwこの中にパラメタが捕獲されている、、、とw

量子的な揺らぎによりパラメタはこのポテンシャルの壁を登ることもあるが、確率的には一番ポテンシャルの低い位置に回帰する

ってのはどうでしょう?

これが「平均への回帰」のモデルという考えw

量子力学的には揺らぎは絶対に0にはならないわけで、それを確率論駆使して利益につなげるのが、System swing trade ということで、、、、

 

f:id:sucar:20150414192227p:plain

CとRでス・パ・カー・エス・ティー
高級アセンブラC言語と統計分析R言語を
駆使して生まれたその名は、ス・パ・カー・エス・ティー!

f:id:sucar:20150414193802p:plain